blog

2020/10/08 15:58

ランジェリーという言葉は知っていても、その意味や種類についてきちんと理解している方は少ないのではないでしょうか。ランジェリーの正しい意味と着る理由について知っておくと、おしゃれの幅が広がり、もっとファッションを楽しめますよ。

今回は、ランジェリーの意味と着る理由などについて、詳しく解説していきます。

ランジェリーとは?



そもそもランジェリーとは、どのような意味があるのでしょうか?まずは基礎知識をチェックしておきましょう。

ランジェリーとは装飾下着のこと

ランジェリーはブラジャーやショーツの上に着用して、シルエットを美しく見せる下着のことです。華やかでセクシーなデザインのものが多いため、着る服に合わせておしゃれを楽しむこともできます。女子力を高めてくれるアイテムでもあるので、パートナーや友人と一緒に過ごすときに着用してみましょう。

 

必需品ではありませんが、ワンランク上のおしゃれを楽しめる、大人の女性のためのアイテムです。ナイトウェアやルームウェアとして着たり、あえて外に見せて着たり、シチュエーションや目的に合わせて自分らしいコーディネートを楽しめますよ。

ランジェリーを着る意味について

ランジェリーには、下着の着こなしを美しく見せると同時に、快適に衣類を身に付けられるようにする役割があります。ブラジャーの段差をカバーして服のすべりを良くしたり、下着が透けたりするのを防ぐ機能があり、汗や皮脂が服に付くのを防いで快適に過ごしやすくする意味も。補整効果ではなく、あくまで見た目を美しくするためのアイテムです。下着の上に直接服を着るのではなく、ランジェリーを重ねたほうが、シルエットもすっきりと整います。

 

アウターのすべりを良くし、シルエットを美しく表現することも可能なランジェリーは、美しいレースやカラー、コーディネートを楽しめるファッション性の高い下着だといえるでしょう。 ドレスのような存在感を放ち、装飾性に富んでいるため、それを身につけるだけで優雅で華やいだ気分にさせてくれます。他人の目に触れるものではないため、自由に選べるのも魅力です。せっかく女性に生まれてきたなら、下着のおしゃれを存分に楽しみましょう。

 

ランジェリーの種類とそれぞれを着る意味



一口にランジェリーといっても、その種類はさまざまです。まずは、ランジェリーのベーシックなアイテムと、それぞれを着る意味について確認していきましょう。

スリップ

スリップはワンピース型のランジェリーのことで、洋服のすべりを良くし、シルエットを整えます。 海外ではネグリジェとして着用することも。袖付きのものやブラジャーと一体化したものなどがあり、丈の長さやデザインはさまざまです。肌寒い季節は、保温性のある袖付きスリップを着ると、一日快適に過ごすことができます。重ね着せずにすっきりと着こなしたいときも、袖付きスリップが役立ちますよ。

スリップは色やデザインもバラエティーに富み、見た目はドレスのようでもあるため、着るだけでエレガントな気持ちになるでしょう。

キャミソール

キャミソールはトップ部分に着用するランジェリーで、さまざまな着こなしを楽しめる万能アイテムです。インナーとして着たり、ペチコートと組み合わせたり、お揃いのフレアパンツと一緒に着用したり、幅広いコーディネートを楽しめます。レースのキャミソールを服の上に重ね着したりすることも可能です。若々しくキュートさを演出できるランジェリーだといえるでしょう。

ペチコート

ペチコートとは、スカート型のランジェリーのことで、薄手のスカートをはくときの透け防止や、スカートのすべりをよくする役割があります。

ふともも部分の摩擦を防いでくれるキュロットパンツ型のペチコートも存在し、ロングタイプのキュロットペチコートは、ロングスカートやワイドパンツ、ガウチョパンツなど、幅広いボトムスに合わせられるため大変便利です。ボトムに合わせて数タイプそろえておくと良いでしょう。

コンビネーションスリップ

コンビネーションスリップは、インナーとペチコートが一体化したランジェリーです。温度変化や汗から身体を守りつつ、アウターの滑りをよくすることが可能。ワンピースやドレスを着用するときのインナーとして活躍します。

セクシーランジェリーの種類とそれぞれを着る意味



ランジェリーの中には、女性の身体を官能的に魅せるようにデザインされたセクシーランジェリーがあります。男性を誘惑するには最適のアイテムなので、好きな男性と一緒に過ごすときは、思い切ってセクシーランジェリーに挑戦してみましょう。

ベビードール

ベビードールは、細い肩紐で吊るしたワンピースのような形状をしています。見た目はスリップと似ていますが、ウエストラインをよりも高い位置から裾に向かって広がるシルエットが、ベビードールの特徴です。

スリップよりも装飾性を高められており、全体が透けたセクシーなデザインのものもあります。女性の色気を出せるアイテムとして人気です。

テディ

テディは、キャミソールとショーツが一体となった下着のことです。肩から股までのパーツがすべてつながっており、実用性よりもビジュアルを重視したランジェリーと言えるでしょう。

見た目はボディスーツに似ていますが、補整機能はないため、セクシーな印象を与えたいときや、夜のムードを演出したいときに最適です。股部分がスナップで開閉できるようになっているので、着脱も簡単にでき、手間がかかりません。レースなどの透ける生地が使用されていることが多く、バスト部分がオープンになった大胆なデザインが多い傾向にあります。

ビスチェ

ビスチェとは、丈の長いブラジャー型の下着です。通常のブラジャーと違って肩ひもがなく、カップ部分もハーフカップとなっているデザインが主流となっており、胸元が大きく開いた衣服の下によく着用されます。

バストを補正してウエストを細く見せる効果があるため、特別な日にドレスアップしたいときに最適です。レースをあしらったエレガントなデザインが多く、網タイツなどと合わせてコーディネートを楽しむこともできます。

オープンブラ

オープンブラとは、バストを露出するようにデザインされたブラジャーのことです。カップを全部露出したデザインや、半分だけ露出したデザインなどが多く、セクシーな印象を与えることができます。

奇抜なデザインが多いため普段使いには不向きですが、マンネリ気味のカップルに刺激をもたらすアイテムとして人気です。オープンブラの上に服を着ると、バストが透けて見えてしまう可能性があるので、普段使いにはおすすめできません。パートナーと二人で過ごすときに着用してみましょう。

ボディストッキング

ボディストッキングとは、いわば全身タイツのようなもので、足先から胸までの全身を覆うデザインになっています。レースやシースルー生地が使用されているのが一般的で、色は黒が主流です。伸縮性があるため、比較的どんな体型でも着用することができ、女性のボディラインを美しく魅せる効果があります。着るときは少し大変ですが、素材が柔らかく締め付ける感じもないので、見た目よりもつけ心地は快適です。

ガーターベルト

ガーターベルトは、太ももまでのストッキングやタイツがずり落ちないように固定させるベルトのことで、セクシーランジェリーの王道ともいえるアイテムです。美脚効果を期待できるだけでなく、他のランジェリーと組み合わせておしゃれを楽しむこともできます。

 

ガーターベルトにストッキングを留めて、その上からショーツをはくのが正しい着用順です。ストッキングの上からショーツをはけば、トイレの際も手間がかからず楽チン。手間よりも見た目を重視したいという方は、ショーツの上にガーターベルトを着用してもかまいません。

ガーターベルトをすることで、蒸れ防止になり、夏も涼しくて快適です。使い方も簡単なので、毎日のファッションに取り入れてみましょう。

 

ガーターベルトは実用面で優れているだけではなく、おしゃれ心を満たしてくれるアイテムです。ウエディングドレスの下に、真っ白なガーターベルトとサムシングブルーの靴下止めを組み合わせると、とてもロマンティックな気分になるでしょう。

パール付きショーツ

パール付きショーツは、ショーツ内側の股布の部分にパールがあしらわれたセクシーランジェリーです。中には股布もなく、パールをつなげたものだけで構成されていることもあります。

ずっと着用していると痛みを感じることもあるため、長時間の使用には適していません。あくまでプレイを楽しむためのランジェリーです。

また、毛が生えていると、パールに毛が絡んでしまい、違和感を持つことも。事前に毛を剃っておくと、着用時の違和感もなくなり、見栄えもきれいです。

オープンショーツ

オープンショーツは、クロッチ部分にスリットが入ったショーツです。セクシーランジェリーの中でも、特にセクシー度の高いアイテムと言えるでしょう。いつもと違う熱い夜を過ごしたいときや、マンネリ防止におすすめのランジェリーです。

ランジェリーとファンデーションの違い


ランジェリーと似たような言葉に「ファンデーション」があります。どちらも下着という意味では同じですが、この2つには大きな違いが。この2種類の違いが分かると、自分に合った下着選びができるようになるでしょう。ランジェリーとファンデーションをうまく使い分けて、自分の体型を美しく見せましょう。

ファンデーションを着る意味

ファンデーションとは、ボディラインを美しく見せるための補整機能を持った下着のことです。お化粧をするときと同じように、まずはファンデーションで土台を整え、その後にランジェリーを着て見た目を美しく仕上げます。

 

ファンデーションには、ある程度の補整力が求められるため、生地にも伸縮性や強度が必要です。自分のサイズに合ったものを選ばないと、効果がないどころか、ボディラインが崩れしまうことも。着けたときに違和感がないものを選ぶためにも、試着は必須です。

 

女性の脂肪は柔らかくて動きやすいという特性を持っており、ファンデーションは女性の特性を考慮しながら美しくボディーラインを整えるように作られています。 きちんと試着して、自分の体型に合うものを選びましょう。

 

最近では下着全般をランジェリーと呼ぶこともありますが、厳密にはファンデーションとランジェリーは別物として分けられます。ファンデーションの本来の役割を知ることで、下着選びがより一層楽しくなるでしょう。

ファンデーションの種類

ファンデーションの主なアイテムとして、ブラジャー、ガードル、ボディスーツなどがあります。

ブラジャーはカップが乳房全体を包むフルカップが一般的ですが、他にも3/4カップブラジャーや1/2カップブラジャーなども。ブラジャーは種類が豊富で、丈の長さもショート丈からロング丈まであり、補整力や着け心地もそれぞれ異なります。バストの形やサイズは年齢で変わるため、自分のバストに合うブラジャーを上手に選びましょう。自分に合ったブラジャーを選ぶことで、下垂しやすいバストをベストな位置に保護することができます。

 

ボディスーツはボディ全体を補整するファンデーションのことで、バストからヒップまでをトータルにサポートして、なめらかなボディーラインを作ることが可能です。 一着でバストからヒップまでのラインを美しく無理なく整えることができ、部分的締め付けが軽減されます。ウエストまわりもすっきりし、細身のボトムスをはくときにも役立ちます。寒い季節はお腹の冷え防止にも。上下セパレートで着用できるタイプもあるため、ボディースーツの一体感が苦手な方にもおすすめです。

 

ガードルはウエストやヒップを補正するファンデーション。ガードルと聞くと窮屈そうなイメージを抱くかもしれませんが、自分の体型に合うものを選べば苦しさはほとんど感じられません。ソフトタイプからタミータイプまで4つの補正強度があり、フィット感が心地よいため、長時間使用しても快適です。ボディスーツとの併用でさらに補整機能がアップします。

 

どのファンデーションを選ぶにしても、サイズ選びが大切です。間違ったサイズを着用すると体に負担がかかり、体型が崩れてしまうこともあります。事前に自分の体のサイズを正確に測っておけば、下着選びを間違えることもありません。

ランジェリーとファンデーションの使い分け方

ランジェリーとファンデーションは両方着用することによって、相乗効果を生み出します。

ランジェリーだけ着ていても、ボディラインが整っていなければ、美しさも半減。ファンデーションで身体のラインを整えてからランジェリーを着用することで、理想のプロポーションに近づくことができ、おしゃれ度もアップします。ファンデーションによって胸の谷間が強調されれば、ランジェリーもさらにセクシーに着こなせるでしょう。

 

自宅で過ごすときは、ランジェリーだけ着用しても問題ありません。できれば普段からファンデーションを着用して、ボディラインを整えましょう。パーティーやデートなど、大事なイベントがある日にお気に入りのランジェリーを装えば、気分も高まります。

ランジェリーをプレゼントする意味とは?



男性からランジェリーをプレゼントされた経験はありませんか?男性が女性にランジェリーをプレゼントすることには、どのような意味が込められているのでしょうか?

ランジェリーのプレゼントは愛情表現の一つ

男性が女性用のランジェリーを買うには勇気がいるはずです。勇気を出してまでランジェリーを買ってくれるということは、女性への愛情があるからこそ。男性が想いを寄せる特別な相手にしか送らないプレゼントだといえるでしょう。

特別な意味が込められている

ランジェリーのプレゼントには、強い愛情や独占欲などの意味が込められています。「親密な関係になりたい」「離れたくない」「密着したい」などの重い意味も込められており、男性から強く想われている証しです。好きな男性からランジェリーを贈られたときは、喜んで受け取りましょう。

まとめ



ランジェリーは見えないおしゃれを楽しめるアイテムです。色気を出せるセクシーなデザインのものが多いので、着用することで女性らしいエレガントな気分を楽しめるでしょう。

いろんなタイプのランジェリーを揃えると、より一層おしゃれを楽しめるようになります。今までランジェリーを着たことがない人も、洋服とコーディネートしたり、下着とカラーを合わせたりして、ランジェリーでおしゃれを楽しんでみてください。