blog

2020/04/23 18:51



フランス人は世界でもとくにランジェリーが好きだといわれており、街中にはたくさんの下着屋が並んでいます。 百貨店のランジェリー 売り場も日本と比べるととても広く、パートナーとともに楽しみながらランジェリー を選んでいたりします。 フランス人にとってランジェリーとは洋服を着こなすための重要なアイテムでもあり、洋服を脱いだ時にも楽しむファッションとしても大切にしています。そんなフランス人をお手本にフランスランジェリー の魅力とおすすめのブランドをご紹介いたします。


passage[パサージュ]的フランスランジェリーのすすめ

フランス直輸入のランジェリーそれを纏う季節にあったお手頃価格のお洋服を取り扱い、おしゃれや流行に敏感な女性たちから絶大な支持を受けている注目のセレクトショップ「passage[パサージュ]」。passageがおすすめしている洋服やランジェリーは、日本のブランドにはない、違った魅力がたくさん詰まっています。そのなかでもフランスランジェリーは、ひとつだけではなく2つ3つと欲しくなるほど、とてもかわいくて夢中になってしまいます。そんな人気のpassage的フランスランジェリーの魅力をたっぷりご紹介します。 


フランスランジェリーの魅力

フランスは国内外からランジェリーブランドを集めた世界的な見本市「パリ国際ランジェリー 展」が開かれるほどの下着大国です。なぜフランスではそこまでランジェリー の需要が高いのでしょうか?そんな疑問を解消するためフランスのランジェリー の歴史からフランス人の美の考え方などを解説していきましょう。


フランスランジェリーの歴史

ランジェリーの語源はもともと高級な亜麻布を使用して作られた女性用の下着のことを指すフランス語です。 そのため、ランジェリーの分類には時代や地域によってさまざまなようです。一説ではフランスのランジェリー はコルセットから始まったと言われています。コルセットとは、ウエストを細く補正するために作られたもので、フェティシズムの象徴としてフランス女性が着用していました。


フランス女性の美の考え方

フランスの女性が考える美とは、ありのままで美しくあること。たとえば無理な若作りをせず、年齢相応に自然体なメイク。年齢を重ねるほど成熟度が増し、美しくなるという考え方で、シワですら、「幸せに笑って生きてきた証」ととらえます。外見的な美しさよりも内面的な美しさを大切にしますので、ランジェリー に関してもそういった考え方があらわれているようです。

フランス人と日本人の下着の選び方の違い 内面的な美しさを重要と考えるフランス女性ですが、下着の選び方にもあらわれているようです。 とあるフランス女性は「ランジェリー は洋服のなかに身に付けるもので外から見えないからこそセクシー。どんな下着を身につけているかを想像させることこそエレガント」というように、下着になったときにどれだけセクシーであるかを大切にしています。 そのため、美しく繊細なレースを使ったランジェリー も豊富です。下着をおしゃれとして楽しむのはファッションの街フランスならではの選び方でしょう。それに比べて日本人の下着の選び方は、機能的なものを選ぶ傾向が多く、下垂を整えて持ち上げたり、谷間をくっきり作りデコルテラインを強調するようなものや、洋服に透けないようなデザインやカラーのもの、ノンワイヤーでラクに付けられるものなどが好まれるようです。 


passage[パサージュ]おすすめフランスランジェリー

passage[パサージュ]がおすすめするおしゃれでカワイイおすすめのブランドをご紹介します!


Aubade(オーバドゥ)


創業60年を超えるフランスでも伝統ある下着ブランドのオーバドゥ。1875年からは、フランスファッションにおいての必需品でもあるコルセットメーカーとしても知られてきました。ファッションの街パリから発信される最先端のおしゃれなデザインや、美しいレースが魅力です。製品のデッサンから店頭に並ぶまでに要する歳月は2年。ブラジャーにおいては20を超えるパーツからつくられ、レースやリボン、ストラップなどはすべて選りすぐりの素材を使用しています。人気コレクションのひとつ、ハーフカップブラはオーバドゥの象徴とも言える代表的な作品。長年のコルセット造りの技術をほどこして生まれたもので、官能的で優しい丸みのある谷間を作ることができます。


Fillandises(フィランディーズ)


フィランディーズはフランスのオリジナルのランジェリー ブランドです。とくに若い世代のファーストブラとしての人気が高く、レース使いやリボンなどのパーツはさりげないものが多く、セクシーというよりフェミニンで可愛らしいデザインが特徴です。ブラジャーの形もビキニタイプのものや、チューブトップ型のものが多いので、下着っぽく見えないのもおしゃれ。 あまり華美な装飾やカラーが使われていないので、プリントもかわいらしい小花柄など。清潔感のあるシンプルで都会的なイメージなブランドです。 


Etam(エタム)


エタムは洋服なども展開していて、世界でも40カ国以上の国にも幅広く進出しているアパレルブランドで、フランスでもポピュラーなランジェリーブランドのひとつでもあります。デザインもかわいらしいものからセクシーなものまでたくさんの種類があり、ランジェリー を楽しむフランス人ならではのブランドです。海外製のランジェリー は日本人のサイズに合わないものも多く、デザインがかわいくてもサイズが合わずに断念することもありますが、エタムは日本人のサイズにも合いやすいので、現地在住の日本人からも人気のランジェリー ブランドになっています。また、ランジェリー 意外にもナイトウエアや靴下などもとてもかわいいものが多いので、おうちのなかでもおしゃれを楽しみたい、おしゃれ好きな女子にはオススメのブランドです。 


まとめ

ファッション最先端の国フランスの女性から学ぶ、ランジェリーの歴史からおすすめのブランドまでご紹介いたしました。フランス製というだけでなんとなく特別感が感じられますよね。内面の美しさを磨くフランス女性にならって、女子力アップのアイテムとして、とびきりのランジェリーを1枚クローゼットに忍ばせてみてはいかがでしょうか。きっとランジェリーがあなたの魅力の後押しをしてくれることでしょう。